よくあるご質問(Q&A)

▼カテゴリーから検索する

ベビーカー全般に関して

 ―ご購入に関して

 ―配送に関して

 ―故障・不具合・調節に関して

  ―他店購入品に関して

phil&teds(フィルアンドテッズ)

 ―phil&teds(フィルアンドテッズ)V6シリーズ全般に関して

mountain buggy(マウンテンバギー)

 ―mountain buggy「nano」に関して

  ― mountain buggy 「Duet」に関して

 ―mountain buggy「free rider」に関して

 ― mountain buggy「bagrider」に関して

iCandy(アイキャンディ)

 ―iCandy「Raspberry」に関して

▼Q&A一覧

取り付け方法はこちらの動画をご参照ください。
本体フレームに取り付けるクランプ部分は下記のイメージのように、
板に「iCandy」と書かれた部分がフレーム下方になる向きで取り付けてください。


弊社でお取り扱いしておりますiCandyのベビーカーの内、Lime・Orange・Peachには、ご購入時の付属品としてカーシートアダプターが1つ付いてまいります。こちらはメーカー側が安全基準を確認した上で、互換性の取れているチャイルドシートをベビーカーに取り付けるためのものですが、適切な箇所でご利用いただく必要がございます。

取り付け可能な箇所は以下の通りです。
・本体フレーム真ん中箇所
・上記の箇所にエレベーターアダプターを取り付けた場合の
 エレベーターアダプターの先端

OrangeやPeachを2人乗りモデルでご購入いただくと前後にもシートを取り付ける箇所が出来上がりますが、そちらでは最初に付属されているカーシートアダプターをご利用されないでください。

またOrangeやPeachの後方下部にチャイルドシートを取り付けたい場合は、以下のローカーシートアダプターを別途ご購入いただき、そちらを用いて接続ください。

Orange Lower Car Seat Adaptors
Peach Lower Car Seat Adaptors

ロック箇所にあたるL字のパーツに市販のグリスなどを塗布していただき滑りを良くしてください。
ロック箇所の詳細はこちらからご参照ください。

こちらは本国メーカーでもRaspberry用に製造されているものはございません。
お子様を乗車させて移動される際には、お子様の身長に合わせてベルトの長さを調節いただき、
必ずベルトをして移動ください。

市販のネジ緩み止め用接着剤などをご利用ください。

対面シート(向かい合わせ)で使用される場合は、まずエレベーターアダプターを
ハンドルの方に曲がるように本体フレームに差し込んでください。
その後、シート自体を対面で取り付けてください。

背面シート(前向き)で使用される場合、エレベーターアダプターを
前方向に曲がるように本体フレームに差し込んでください。
その後、シート自体を前向きで取り付けてください。

シートの向きとエレベーターアダプターのどちらかが誤っている場合は、
エレベーターアダプターについているパーツが合わず正式に固定されていません。
こちらのブログも合わせてご参照ください。

●折りたたみ方
 こちらの動画をご参照ください。

●ロックの掛け方とシートの外し方
 こちらのブログをご参照ください。
 

同等の商品はメーカーで製造しておりません。申し訳ございません。
サイズ的に近しいものとしてcybex PRIAM・MIOS共用の「インセクトネット」という商品がございます。
多少サイズの違いがありますが、下記の写真のように取り付けが可能でした。
ご参考にして頂ければと思います。

iCandyのRaspberry(ラズベリー)、Lime(ライム)、Orange(オレンジ)、Peach(ピーチ)のモデルで
エレベーターアダプターを使用している場合、耐荷重は15kgまでになります。

またiCandyのOrange(オレンジ)とPeach(ピーチ)でエレベーターアダプターを使用する場合、
必ず本体フレームの真ん中の差し口でのみ使用してください。
2人乗り用で設けられた前方または後方の差し口では使用しないでください。

以下の方法をお試しください。

①タイヤを着脱し、内側にゴミや汚れが溜まっていないか、溝にバリなどが出来ていないか確認してください。
 あった場合は拭いたり削り取ってください。
※タイヤの着脱方法は「タイヤの着脱方法に関して」をご参照ください。

②上記の作業で改善されない場合は、タイヤとベビーカー本体との接続部分に
 市販のグリスや潤滑油などを塗布してください。

③更に改善されない場合、ブレーキや車体ロック用の「突起」が
 本体側から出過ぎている可能性がございます。長さを調節することで
 症状が改善される可能性がございますのでお試しください。
 調節方法はこちらをご参照ください。

他店でのご購入やお譲り受けなどでご使用されている商品に不具合・破損などが生じた場合、弊社でこれまでに販売してきたモデル以外のパーツは、お取り寄せが出来かねます。また修理なども承っておりません。

弊社で販売してきたモデルの中でも、既に廃盤になった商品や通常販売していなかったパーツなどは弊社内で在庫があるもののみ対応可能です。
詳細は下記までお問い合わせください。

メール:info@graybear.tokyo

phil&tedsやmountain buggyのベビーカーをご利用されている方は
以下の部分でベビーカーのモデル名・バージョンのご確認が可能です。

iCandyのベビーカーをご利用されている方は、本体フレームに貼られている
以下のシリアルナンバーが記載されている白いシールでご確認が可能です。
下記は「Raspberry」の参考画像です。

現在、以下のタイヤ・チューブを取り扱っております。
タイヤ・チューブ 一覧

こちらは弊社で現在販売中、またはこれまでに弊社が販売したモデル用のみとなります。
ご利用中のベビーカーが他店舗でのご購入品やお譲り受けなどの場合、
弊社ではサイズ等の確認が出来兼ねます。

タイヤ・チューブに関しましてはご購入後に装着できなかった場合も、
返品・返金・交換は一切出来兼ねますので、予めご確認の上ご購入ください。
また店頭でのタイヤ・チューブの取り替え作業もいたしておりません。

ベビーカーと着脱でき、外出先にも一緒に持ち出せる保冷バッグ phil&teds「igloo inline storage」
ハンドルにぶら下げられるタイプと足元に取り付けられるタイプの2個セットですが、
ハンドルにぶら下げられるタイプは左右のベルトで固定していただく仕様になっております。
左右のベルトの長さに差があるのですが、こちらは不良ではございません。
長い方はハンドルに1周させてご利用ください。

製造の中で、ベルトの長さに若干の個体差はございますのでご了承ください。
各ベビーカーは長さ調節が可能ですので、お子様の身長に合わせて適宜ご調整ください。

単体でキックボードとして、更にはベビーカーに接続してバギーステップとしても
ご利用いただけるmountain buggy「freerider」。
接続可能なモデルはこちらからご確認ください。

接続可能なモデルの内、1人乗りベビーカーと2人乗りベビーカーがございますが、
2人乗りベビーカーの中には一部シートを外さなければ接続できないタイプもございます。
お子様用のシートが2つ接続されている状態でも接続できるモデルは以下のモデルとなります。

phil&teds Voyager V6
phil&teds Dash(V6以前のモデル)
phil&teds Voyager(V6以前のモデル)
mountain buggy Duet
※それぞれシートポジションやシートリクライニングに制限がございます

初期不良を除きまして交換不可のパーツとなります。
経年劣化による破損などの場合も交換商品はございません。
ご了承ください。

外出先でのちょっとしたお菓子や軽食、おもちゃなども置けて便利な
mountain buggy nano 専用のgrab barです。
グラブバー自体の取付は以下のフローをご参照ください。
付属のフードトレイはグラブバーに押し込むだけで取付可能です。
正しい取付方法ではない場合、ご利用時に外れてしまう可能性がございますので
ご注意ください。

以下のフローをご参照ください。
正しい取付方法ではない場合、ご利用時に外れてしまう可能性がございます。

ご購入商品到着の際に、ごく稀に該当箇所のパーツが外れてしまっている場合がございます。
こちらは不良ではなく正しく取り付ければご利用いただくことが可能です。
もし外れてしまっていた場合、以下のブログ動画をご参照ください。

以下のフローをご参照ください。
正しい取付方法ではない場合、ご利用時に外れてしまう可能性がございます。

エクステンダークリップの使用の有無による耐荷重の変化はございません。

phil&teds V6シリーズと同時に発売されたエクステンダークリップセット

Dot、Dash、VoyagerなどのDouble Kit(セカンドシート)やVoyagerのメインシート、チャイルドシート、snug carrycotなどをより高い位置に調節でき、お子様の空間をより広く保つことが可能になるアイテムです。
※本体はV6シリーズのみに適応

接続箇所は、V6シリーズのDouble Kit(セカンドシート)を刺す根元のパーツと合わせてご利用いただけるので、V6シリーズのDouble Kit(セカンドシート)が刺せる箇所にのみ取り付けが可能です。

●取り付け方
【Dot、Dashメインシートの場合】
 バンパーバーの接続部分の内、平らな方をシート側、丸みのある方を
 外側にしてハンドル側からスライドするように取り付けて下さい。

【Voyager、Double Kit(セカンドシート)の場合】
 本体フレームの接続箇所にまっすぐ差し込んで下さい。

●外し方
【Dot、Dashメインシートの場合】
 バンパーバー全体を持ち、下方に負荷をかけて押して下さい。

【Voyager、Double Kit(セカンドシート)の場合】
 本体フレーム外側のボタンを押しながらまっすぐ引き抜いて下さい。

Load More

PAGE TOP